オンライン英会話講師の給料とスケジュール事例・コマ数を増やすコツ

オンライン英会話講師の給料とスケジュール事例・コマ数を増やすコツ

昨今英語を学ぶ方法としてメジャーになってきたオンライン英会話。日本人オンライン英会話講師の需要も増えています。これからオンライン英会話講師として活動してみたい、という日本人講師の方も多いかもしれません。

→ 現在募集中のオンライン英会話講師案件はこちら

オンライン英会話講師をはじめるにあたり、「給料は安いの?」「予約が急に入ったりしてスケジュールの管理はどうやってすればいいの?」「たくさん登録されている講師の中からどうやって選んでもらえるの?」など、多くの方から寄せられる疑問を、現役オンライン英会話講師が事例をもとに解説します。

オンライン英会話講師の給料って、どれくらいなの?

オンラインで英会話講師として働く場合、オンラインスクールに講師登録をしてレッスンを提供する形態が一般的かと思われます。私の場合ですが、当初2社の採用試験を受けて登録しました。が、実際には一つのスクールに絞って仕事をしています。複数で活動するとスケジュール管理が大変になってしまうからです。

オンライン英会話講師の給料ですが、私が採用されたスクールではどちらも、一コマ当たりのレッスン料から手数料などが引かれた報酬(通常70~80%)が講師の手元に入ります。

レッスン料については、スクールで固定されている場合と自分でレッスン料を決めることが出来る場合があります。

講師が自分で決める場合でも、最初から講師がレッスン料を決めるスクールもあれば、スタートの料金は一律決められていて、一定条件をクリアした後に、講師の希望するレッスン料に引き上げが認められるケースもあります。

自分でレッスン料を決める場合、適正なレッスン料がわからず、「高すぎたかな」「安く設定しすぎたかも」など余計な心配をしないといけないことがあります。自分のレッスンに値段をつけるのですから、なかなかこれは悩ましいのではないでしょうか?

レッスン開始時の給料(レッスン料)が決まっている場合

スクールで最初のレッスン料が決まっている場合は、講師に入る報酬は1コマ25分当たり150円など非常に低額であることが多いです。また、その料金で一定数のコマ数をこなす、という条件がついていることもあります。

ひどいと思いますか?でもこれは、いわゆる試用期間のようなもの。この期間に気軽に生徒にレッスンを試していただけるので、自分を知ってもらう宣伝期間になり、講師として経験を積むことも出来るため、結果的には悪くはないシステムだと思います。

最初に自分で給料(レッスン料)を決める場合

コマ当たりのレッスン料は、自分と同じようなレッスン内容を提供している講師など、他の講師のレッスン料を参考にしながら決定するとよいでしょう。

スクールによって相場があります。Aスクールでは1コマ1000円以上が当たり前でも、Bスクールでは1コマ600円が平均的なレッスン料である場合、Bスクールで1コマ1000円をうたっても、生徒を募集するのは少々ハードルが高いかもしれません。

レッスン料が安いと人気講師になれるのか?

同じような内容のレッスンをしている他の講師より低料金にすれば、当然、多くの生徒が見込めます。ただ、注意しないといけないのは、「安さ」を求める生徒はそれなりの生徒であるということです。ただただ話し相手になってほしいという人や、クレームが多い人、翻訳など便利屋に近いことを望んでくる方もいらっしゃいます。

「質より量」のような働き方になってしまうことも否めません。私も最初の1,2年はレッスン料を比較的安く設定していましたので、生徒には事欠きませんでしたが、様々なリクエストがあるため、それに対応し続けて働き詰めになってしまったことがあります。結果的に「質」を取るために料金を引き上げることで、無理難題を言ってくるような生徒はなくなり、落ち着いて仕事ができるようになりました。

レッスンにはレッスン時間だけではなく、準備時間も必要です。このことを考えると、講師側が納得して働ける料金を設定することをお勧めします。

どの受講者をターゲット層とするのか?生徒の6つのタイプ

これまで子どもから大人まで多くのレッスンを担当しましたが、オンライン英会話の受講者は大きく以下のようなタイプに分けられます。

大人Aタイプ

週に何回も受講してブラッシュアップしたいので、低料金の講師がいい。

大人Bタイプ

現地情報が知りたいので海外在住の講師と話したい。講師としての経験は問わない。よって、料金も低料金がいい。

大人Cタイプ

TOEICのスコアアップが目標のため、高いレッスン料でも結果が出せる講師がいい。

小中高生Aタイプ

教室に通うより月単位で考えると低コストなのでオンラインレッスンを選びたい(と保護者が考えている)。

小中高生Bタイプ

英検をどんどん取得させたいので、経験豊富な講師がいいし、多少レッスン料が高くてもいい。

小中高生Cタイプ

子どもが教わるのだから、信頼できる講師にお願いしたい。ややレッスン料は高くても、人気講師がいい。

以上を参考に、どの層をターゲットにするかを決めたうえで、レッスン料を考えるとよいでしょう。
オンライン英会話講師の給料

オンラインレッスンのスケジュールの決め方・スケジュール事例

ターゲット層が決まったら、ご自分のレッスンスケジュールをスクールのサイト等に公開することになります。受講希望者はこのスケジュールを見て予約を入れるため、ご自分の予定を考えて確実にレッスンができる時間をコマに充てていきます。

私の場合は、子どもたちが小学生の頃は午前を中心に働き、夕方以降のレッスンは少しだけにしていました。

ターゲット層が大人のスケジュール例

専業主婦やリタイアされた方を対象にレッスンする場合は、10~15時くらいの時間帯が好まれます。お子さんが学校に行っている間に受講するということも考えられますね。ただ、昨今の傾向としてこの層は薄いです。

お仕事をなさっている方や大学生の場合はいかがでしょう?出勤前の5~7時、帰宅して夕食後の21時以降に人気があると思われます。この層は土日の需要が高いです。

ターゲット層が子どものスケジュール例

一般的な習い事の時間帯が参考になります。つまり、平日の16時以降21時台くらいまでが受講希望時間帯となります。土日の需要もあります。オンラインレッスンの性質上、パソコンやタブレットに慣れていないお子さんの場合は「お母さんがお仕事から帰ってきてから」というリクエストをいただくこともあります。働くお母さんは増えていますから、小学生でも20時以降の受講を希望されることも増えてきました。

オンライン英会話=在宅勤務の注意点

日本の住宅事情を考えると、講師側も「レッスンしたいけれど、家族がばたばたしていて静かなレッスン提供は無理」という時間があると思いますので、講師側の家族の事情も大切な要素になってきます。家庭でオンラインレッスンをする場合、細かな気配りが大切です。

インターホンや電話

レッスン中に鳴ってしまって、慌てるケースがあります。呼び出し音を小さめに設定したり、電話から離れたところでレッスンをするなどの工夫が必要です。

宅配便

インターホン対策をしていても、突然玄関で「お荷物でーす!」と元気な声がすることがあります。家族が在宅であれば荷物を受け取ってはもらえるものの、玄関の音が気になりますよね。どうしても仕事スペースが玄関近くの場合はドアを開けっぱなしにしないなどの配慮が必要になります。
オンライン英会話講師の働き方注意点

家族と連絡が取れる位置に座る

オンラインで仕事をすることを選ばれた方の中には、子どもが小さいから、という方もいらっしゃることでしょう。私は常に子どもの姿が見やすい位置にパソコンを置いて仕事をしています。パソコンから顔を上げるだけで目が合わせられるように、部屋の出入り口が自分から見て前に来るようなレイアウトで仕事しています。そうすれば、「お母さん(お父さん)、ゲームしてもいい?」「お風呂出たよ」なんて言うちょっとしたやりとりも、合図やメモのやり取りでできますし、家族の姿を生徒に見られる心配もありません。

オンラインレッスンのコマ数の増やし方

金額を低く設定すれば当然のことですが予約は入りやすくなり、コマ数は増やせます。準備時間が短くて済むレッスンであれば、低料金でどんどんレッスンをこなす働き方が考えられます。

ただ、生徒の講師に対する期待は、「安いから」という理由で低くなるわけではありません。すると、レッスン料に見合わないレッスンを提供しなくてはならないことにいずれ不満を感じ始めるでしょう。

結果的には講師にとっても生徒にとってもあまり良い方法ではないため「格安レッスンをたくさんする」働き方は私はおススメしません。

コマ数を増やすコツ

さて、コマ数を増やすためには

*知ってもらうこと
*継続してもらうこと

の2つに尽きます。以下に工夫できる点をご紹介します。

知ってもらう工夫(1) 信頼感を得られるようなプロフィール写真

ターゲットの生徒が信頼感を得るような写真を使用します。キッズ担当であれば明るく親しみやすい雰囲気は必須ですし、ビジネス英語担当であればジャケットを羽織るなどきちんとした印象が大切です。残念な写真は、画像が暗い、解像度が低い、いかにも自撮り、といった写真です。背景にも気を配りましょう。何もなくてもいいですが、バックに本棚や植物などがあると好印象ですね。明るく清潔感がある写真を選ぶようにしましょう。

知ってもらう工夫(2) プロフィールに提供レッスン内容をわかりやすく記載する

オンラインとはいえ、どんなレッスンを受講するのか、初めて予約するときは不安と期待が入り混じります。特に、キッズレッスンでは、保護者がプロフィールを見る時点でかなり吟味していらっしゃるので「よかったら今後もこの先生にお願いしよう」という心理が働きます。ご自分が提供できるレッスン例についてしっかり紹介しておく必要があります。

知ってもらう工夫(3) ブログやSNSの投稿に紐づける

 

FacebookやTwitterなどのアカウントをお持ちの場合はぜひ活用しましょう。スクールによっては講師がブログをあげられるサービスもありますので、これらを活用することで講師の雰囲気や英語学習への考え方を知ってもらうことが出来ます。

知ってもらう工夫(4) 動画や音声ファイルをアップする

講師の紹介動画をアップすると予約が入りやすくなるそうです。この場合は、英日両方でお話する必要があります。写真と同様、演出にはこだわった方がよいでしょう。音声の場合は、先生の発音をチェックされますので、発音の良さを売りにしたい講師はぜひ利用しましょう。

継続受講をしていただくために

完全フリートークではなくテキストやハンドアウトを使う

あるスクールのオリエンテーションで言われたことは「継続してもらうためにはテキストを使用するとよい」ということです。ご自分が効果を感じられるテキストがある場合は、ぜひ生徒に紹介してみましょう。納得していただければ、そのテキストを使って一定期間、継続的に受講していただけます。

ただ、大人のレッスンの場合、生徒のニーズは多岐にわたります。中級以上の生徒の場合はテキストでのレッスンを退屈に感じられることもありますし、個人的にはあまり実践的ではないと思います。そんな時はインターネットで公開されている無料の英語学習教材を活用しましょう。最新の話題やニュースを題材に学ぶのは生徒の興味関心を掻き立てますので、よいレッスンにつながります。

お子様レッスンでは保護者向けにカリキュラムをしっかり提示する

お子様のレッスンでは、保護者の方にカリキュラムを提示するか、コースブックを使用したカリキュラムを展開することをお勧めします。その講師と学習することでどんな自分になれるのかを思い描けるとモチベーションが高まります。また、保護者もレッスンに安心感を抱くことが出来ます。講師としても継続受講してくれている生徒の指導はプランが立てやすいと言えるでしょう。

オンライン英会話レッスンのカリキュラム

オンライン英会話講師の給料とスケジュール事例・コマ数を増やすコツ まとめ

以上、私の経験をもとにお伝えしてまいりました。オンラインレッスンは講師側にとっても無限の可能性を秘めています。これまでの講師経験が生かせるとともに、従来の対面レッスンではできないことも可能になります。ぜひみなさんの工夫で、オンライン英語講師のしごとを充実したものにしていただければと願っています。

関連おすすめの求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……