10-14時は大人/15-18時は子供に英語を教えて時間を有効活用する働き方

子供と大人を両方教える英会話講師あかね先生

自宅で大人と子供に英会話を教える英語講師の働き方

自宅で英語を教えられたらいいな・・と思う英会話講師の方も多いと思います。
そこで課題となるのが、「どうやって生徒を集めるか」と「集中してしまいがちなレッスン時間をいかに分散できるか」です。

今回のコラムでは、5歳と9歳の2児のママであり、大人と子供の両方を自宅で教えている、Akane先生の働き方をご紹介します。

Akane先生プロフィール
1979年生まれ。13歳のときに父の仕事でアメリカに渡り、現地校に通う。
英語がほとんど分からない状態での渡米で苦労して英語を身につける。
アメリカの大学を卒業し日本に帰国後、子供英会話スクールに1年半勤務しネイティブ講師の補助を担当。
その後、大人向けマンツーマン英会話講師として登録機関や知人の紹介などで30名ほどの生徒にレッスンを行う。
30歳で第1子を出産。産後は1年半ほどレッスンはほぼ行わない育児中心の生活を送り、その後は両親に子供を預け週1回でレッスンに復帰。
34歳で第2子を出産。第2子10ヶ月の頃に、東進こども英語塾の研修を受けオーナー先生として自宅教室を開講。祖父母に子供を見てもらい、夕方に子供英語教室のグループレッスンを行う。
第2子が幼稚園に入った頃から、午前中も大人の英会話レッスンを教え始め、現在は大人と子供の両方を合計週4日ほど教えている。

日中は大人英会話、夕方は子供英語塾と時間をうまく使えるようになりました

Akane先生は、2人のお子さんの育児をしながら、自宅で大人と子供の両方のレッスンを教えているとのことですが、レッスンがある日の1日のスケジュールを教えてください。

Akane先生写真(1)

だいたいのスケジュールは以下のような形です。

  1. 6:00 起床。朝食準備。家事
  2. 7:00 子供起床。朝食
  3. 8:00 上の子は小学校へ
  4. 9:00 下の子を幼稚園のバス停まで送る
  5. 9:30-14:30 大人英会話レッスンを2~3コマ。夕方の子供英語レッスンの準備。昼食
  6. 14:45-15:15 子供たちが帰宅
  7. 15:30-18:30 子供英語塾のレッスンを2~3コマ(子供たちはレッスンに参加するか、近所の祖父母のもとへ)
  8. 19:00 夕食
  9. 21:00 子供就寝
  10. 21:30 大人英会話レッスンの情報整理とハンドアウト作成などの準備
  11. 22:00 自由時間
  12. 24:00 就寝

子供の英語レッスンはどうしても15時30分~18時30分と時間が集中してしまいます。それ以外の時間は入りません。

そのため、第2子が幼稚園に入り、幼稚園へ送り出してから帰宅するまでの時間はレッスン準備をするだけでしたが、大人のレッスンをはじめることにより、その時間がちょうどレッスンで埋まるようになりました。

出産前に大人の英会話を教えていたときは、15時~18時は逆にまったくレッスンが入らない時間帯で、ニーズの多い夜の時間に偏りがちでした。
出産後は夜の時間帯は教えることができなくなったため、日中に大人、夕方に子供を教えることで、うまく1日のレッスン時間を使えるようになったと思います。

赤ちゃん連れの生徒さんは、子育て経験がある先生ということで安心をしてくれるようです

大人の生徒さんたちはどのような方が多いですか。

私の担当している生徒さんたちは、平日の日中に来られる方たちなので、赤ちゃん連れで育休中のママさんか、シフト制の仕事をしている方たちです。

育休中のママさんは、6ヶ月の赤ちゃん連れでレッスンを受けています。
もともと海外旅行が好きだったけれど産前は仕事が忙しく英語を習う暇もなく、産休中に「今しかない!」と思って英語を習おうと思ったそうです。

ずっと抱っこをしていて赤ちゃんもとても静かにしているのですが、時々眠くなって泣き出すときがあります。
でもお母さんは落ち着いていて、そのうち赤ちゃんも眠ってしまいます。
もう少し大きくなってハイハイやよちよち歩きがはじまったら、私のレッスンルームは子供の英語レッスンでも使用しているので、おもちゃなどを出しながら赤ちゃんが遊ぶ横でレッスンができたら良いかなと思います。

特に私が何かをしてあげているわけではないのですが、生徒さんは「先生も同じ子育て中の方なので安心できます!」とおっしゃってくださいます。
確かに、私も自分が子育て経験がなければ、生徒さんの赤ちゃんが泣き出したときにオロオロしてしまいそうです。
そういった点では、自分自身の子育て経験から、赤ちゃんやママの気持ちも共感できるので、生徒さんにも安心してレッスンを受けてもらえるのではないかと思います。

幼稚園や小学校のイベントで親が参加しなくてはいけない日も調整しやすい

Akane先生写真(4)

シフト制のお仕事をしている生徒さんたちは、水曜日がお休みと決まっている方もいるので、シフトが出たら1ヶ月のレッスンをあらかじめ決めて、レッスン時間をしっかりと確保するようにしています。
その他の生徒さまたちは、その都度次のレッスンを決める方が多く、赤ちゃん連れの生徒さまは2週に1度のペースです。

お子さんの園の送りやお迎えがあって「子供を送ってそのままレッスンに来たい」などお母さんの限られた時間を効率よく使いたい方もいるので、私の都合があえば細かい時間設定にも対応をするようにしています。

逆に、私も自分の子供の幼稚園や小学校へ行かなくてはならない日もあり、固定曜日・時間のレッスンでは対応しきれないこともあります。
生徒さんとのコミュニケーションを取りながら、日中の時間を調整できることで、私自身も仕事と育児が両立しやすく助かっています。

自宅で教えるメリット・デメリット。子育てとの両立について

自宅で教えるメリットはどんなことでしょうか。

子供たちが帰ってきたときに家にいて「お帰りなさい」と迎えてあげられます。
もし体調不良など何かあればすぐに対応できるので、子供たちも安心感があるようです。

また、私は「自分の子供に英語を教えたい」という気持ちが発端で子供英語教室を開きたいと思ったので、自宅で英語を教えることで子供たちが英語レッスンに参加できるのはもちろんのこと、常に英語が身近にあり、無理なく英語脳が作れているのではないかと感じています。

子供の学校行事が平日にあっても参加できますし、スケジュールの調整がしやすいのもメリットだと思います。

逆にデメリットは。

Akane先生写真(2)

やはり、夕方の子供の英語レッスンの時間帯に、自分の子供たちにどう過ごしてもらうかが課題になっています。
子供たちはレッスンに参加するか、参加しない日は近所に住む祖父母のもとへ歩いて迎い、夕飯までおやつを食べるなどで過ごしてもらっています。

ただ、毎回というわけにもいかないので、上の子はテレビを見たりしながら自宅で過ごすこともありますが、たまに気になってレッスンルームを覗いてしまったり・・・。
それでも、2人とも状況をわかる年齢になってきていますので、その問題はもう少し時間が経てばあまり感じなくなるかもしれません。

また、自宅でレッスンを行う場合は、プライベート空間とレッスン空間の棲み分けをどうするか、というのも大きな問題ですよね。
私の場合は幸運なことに、実両親の家の近くに我が家を建てることになっていたので、将来的に自宅教室ができるような配置設計をしてもらいました。
勝手口から直接レッスンルームに入り、洗面所とトイレも同じ空間にしているので、レッスンに来る子供たちもリビングなどを通らずレッスンを受けることができています。

他のオーナー先生の話を聞くとリビングでレッスンをしている人もいるそうなので、そこはご家族や先生の考え方次第なのかなと思います。

大人と子供の英会話レッスンはまったく別物。でも両方教えることのメリットは大きい

大人と子供と両方教えてみて、やはり違いを感じますか。

大人と子供の英会話レッスンは、まったく別のものだな~と感じています。
例えば、大人は自分自身で習いたいと思って来ているので、講師がモチベーションをあげなければと頑張る必要性もあまりないのですが、子供はそうはいかず、いかに集中力と興味を持続させるか、手を変え品を変えレッスンを組み立てている感じです。
また、大人は座って対面で会話をしながら進めますが、子供は動いて・声を出して、など体を使った内容も多くあります。

Akane先生写真(3)

なので、大人と子供の英会話レッスンを両方いっぺんにはじめるのは、私だったら余裕がなさすぎてちょっと難しいかもしれません。
ただ、どちらかを先にはじめて教え方を一通りマスターしていれば、その後もう一方をはじめるのはそんなに大変なことではないと思います。

大人と子供を両方教えることは、スケジュールの面でメリットも多く、また自分自身も違う面でのやりがいを持てるし、静と動のような形でバランスも取れます。
大人のレッスンはマンツーマンなので、生徒さんの希望に合わせて教えやすく、モチベーションが高い生徒さんが多いので良い距離で関係性を保てます。
子供のレッスンは、将来子供たちの役にたつ英語を教えられるという喜びと、子供たちの吸収力の高さへの驚きと刺激があり、子供が好きな私には大きなやりがいになっています。

これからも、大人と子供の両方を教えながら、スケジュールも工夫して英会話講師としてのやりがいを感じていきたいと思っています。

平日昼間中心の大人向けマンツーマン英会話レッスン講師を大募集しています

2児のママであり、大人と子供の両方を自宅で教えるAkane先生の働き方をご紹介いたしました。

「マンツーマン英会話ビギン」では、平日昼間中心の英会話レッスン案件が多数あります。ビギンで活躍している先生たちは、講師経験の有無よりも、生徒様の気持ちに寄り添い、多様性を受け止め共感し、生徒様が前向きに英会話を学ぶことができるサポート力豊かな先生たちです。
赤ちゃんや小さなお子様がいるママ生徒さまからのお申し込み多数につき、ママ先生を大募集しています。
ママのためのマンツーマン英会話BEGIN
子どもとの時間を大事にしながら、お子様の成長とともに仕事をしていきたいと考えている方のご応募をお待ちしております。

勤務地

関東エリア全域

レッスン場所は、ご登録いただいた駅近くのカフェ
または、講師自宅(希望者のみ)
または、生徒自宅・オフィス(移動料500円あり)

勤務形態

業務委託(登録制)
・本部と先生が連携し、会員生徒様のレッスンをサポートしていきます。

仕事内容

・全ての指導は1対1の個人指導です。
・定められたマニュアルで指導するのではなく生徒様の個性にあわせたカスタマイズ指導を奨励しています。
・教える事を通して、多くの生徒様との出会いがあり生徒様の目標をシェアすることによって自分自身も成長することができます。
・人とダイレクトにかかわるお仕事のため、人柄と「人の役に立ちたい」という気持ちを何よりも重視します。
・ストレスが少なく、長く続けられるお仕事です。

給与

1時間 2500円
※生徒自宅レッスンは、1レッスンにつき移動手数料500円が追加されるため、1レッスン60分3,000円となります。

・レッスン毎に生徒様から直接お受け取りください。
・マージンはございませんので、全額講師の報酬となります。
・講師のカフェ代、交通費は講師負担のため、移動範囲は応募時に指定できます。

勤務時間

・ご希望の勤務時間帯で登録可能。

応募資格

・英会話講師としての指導経験は問いませんが、以下3つの資質を持つ方。

(1) 教えるプロとして責任を持って仕事ができる方(スケジュール管理、レッスン管理等)
(2) 生徒の性格や多様なニーズにあわせた臨機応変な対応ができる方
(3) 生徒の気持ちに共感・尊重し、信頼関係を築くことができる方

※優遇
・子育て経験あり
・海外帯同経験あり
・英会話講師、スクール講師歴あり

掲載社名

英会話ビギン株式会社

応募方法

以下サイトより履歴書を送付ください。
https://www.85begin.com/application

理念に共感いただける方のご応募を心よりお待ちしております。

この記事に興味がある方におすすめの求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……