「訳す」勉強法から脱却するための4つの指導法

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

こんにちは。英会話ビギンのユキコです。

本日のポイント

×勉強→ 〇訓練
×訳す→ 〇文脈の中で 意味を推測

これは一体どういうことでしょう?

この標語の意味を理解するために、
生徒さん達が学校英語でどんな教育をうけてきたのか、改めて思い出す必要があります。

教科書を読んで訳す。単語、熟語を覚える。英作文をする。文法問題を解く。
こんなところでしょうか?

この学習法はgrammar translationと言われるメソッドであって
英文法の習得のみに有効で会話力習得には邪魔になることが多いことを認識しましょう!!

Grammar translationが英会話習得に及ぼす悪影響


1. リーディングをする時、いちいち訳してしまう。そして、訳す=理解=使えるようになることだと思ってしまう。
2. リスニングをしても、スクリプトを見て、内容を理解した時点で満足してしまう。
3. 単語、熟語を日本語に置き換えて覚えた段階で満足してしまう。
4. 話す時、まず日本語で考え、それを訳すことで話そうとしてしまう。

上記のようなことを自宅学習でしている生徒さんは意外と多いのです。
英会話を上達するには勉強しなければ!!

というふうに学校英語によって多くの日本人は洗脳されているのです。

ここで、生徒さん達に必要なのは、発想の転換 です。

促すべき二つの発想の転換

1. 英会話上達に必要なのは’勉強’ではなく、’訓練’である。

スポーツと同じです。

たとえば、野球で良いバッティングができるようになるには、
どういうフォームがいいかを理解しただけではダメで、
何千回も素振りをしなければならないのと同じなのです。

2. 単語熟語を日本語に置き換えるのではなく文脈の中での意味を推測することが重要
日本語と英語は意味と単語が一対一で対応しているわけではないですよね。
あくまで、文脈の中での意味が大切です。

薦めるべき究極の英会話上達法!!

1. 新しい表現は理解するだけでなく、考えなくても口をついて出てくるまで、訓練させる。
ここでは、表現が文脈に入っていることが大事です。
そこで、テキストなどの会話文のリピート練習を自宅などでしつこくさせます。
(スクリプトを見ずに、また、CDも止めずに即座にリピートできるようになるまで反復することが目安です。
具体的に宿題を出す時に指示しましょう。決して会話文を理解し、
スムーズに言えるようになった時点でやめてはいけないことを指摘しましょう。)

2. チャンスを見つけて常に新しい表現を使うことを促す。
テキストやレッスンにでてきた言い回しや単語熟語を、レッスンノートとは別の小さな単語帳にまとめさせ、
レッスンなどのフリートークの時にそれを使うよう促します。
講師が出てきた表現を使って生徒の言葉をリフレーズしても良いでしょう。
また、該当の表現を使った、あるいは使わせるような質問をすることも重要です。

3. 極力細部に拘らず、全体の意味をつかむことを促す。
会話文に接したら、必ず音声から直接全体の意味をとることを促します。
重要なのは、細かいところでわからない所があってもこだわらず、
全体の意味を掴み、どんなことを話しているのか、推測しようとすることです。
スクリプトでチェックさせるのはこうした推測をしてからにしましょう。

4. 英語を日本語に置き換えるのでなく、文脈からの推測を促します。
全体の意味をざっと掴むことを促します。
わからない単語などは文脈から理解するように努めさせます。
出来る限り生徒さんのわからない単語は意味を日本語で教えるのではなく、
ヒントを与えたり、例をだしたりして、生徒が自分で意味、ニュアンスを掴むように促しましょう。
訳すプロセスを経ずに英語を英語のまま理解しようとする習慣を身につけさせましょう。

つまり

×勉強→ 〇訓練
×訳す→ 〇文脈の中で 意味を推測

これは生徒さんを英語脳にするために必要な重要な働きかけなのです。


about me: ユキコ先生
指導歴15年の英語講師。英会話ビギン マンツーマン英会話レッスン講師他、フリーランス英会話講師として活躍中。中堅英会話スクールを中心に自営の教室を開いた経験もある。TOEICや文法のレッスンに定評がある。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……