講師の常識=生徒の常識、ではない

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

配信は平日7:00ころ
いつでもワンクリックで解除できます

こんにちは。
英会話ビギン 英会話講師のユキコです。

私は、生徒さんの理解度・レベルにあわせ
「英文法を2つの型に単純化」して英文法を教えることがあります。

これは、ビギン講師の方が講師セミナーで提唱されていた方法で、
英文にはいわゆる SVOの文型とSVCの文型の2種類しかないのだ、と
単純化して基礎英文法を指導する方法

主にTrue Beginnerの方に有効な方法です。

たとえば、以下のような説明をしたとします。

英語の動詞はbe動詞と一般動詞の2種類しかなく、

■~は~である、のパターンならbe動詞
■~は~する(~を)のパターンなら一般動詞を使います。


(1) I am tired.
→ わたし=つかれている状態である。
‘~は~である’なので、be動詞を使います。

それに対して

(2) I study English.
→ 私は、勉強をする、英語を 
→ ~は~する、のパターンなで、studyという一般動詞を使い、be動詞は使いません。

さらに、形容詞は一般的に状態を表すので
「~である」、のパターンだから、be動詞とともに使います、
ということを例文の口頭練習をしたりして確認していきます。

ところが、です。

こういった説明、練習の直後に

I am like chocolate.
I was enjoyed the party.

といった英文が飛び出してくることが、時々あるのが現状です。
‘like’ も’enjoy’も一般動詞なのだから、
be動詞は使わないって言ったのに、、と、
講師としては、思ってしまいますよね。

よく聞いてみると、この生徒さんは

■like= 好きだ
→チョコレートは‘好きな’食べ物だ、
あるいは、

■‘楽しい’(=enjoy)パーティー、

という発想で、
likeやenjoyが動詞だとは思わなかった、ということなのです。

ここで、ふと、likeやenjoyといった基本動詞が‘動詞’であることは‘常識’で、
特に説明しなくても‘わかること’、と思い込んでいた自分に気づかされます。

英会話を習いに来る生徒さんは、皆さん、
程度の差はあっても、英語に苦手意識があり、
その原因は基本の段階でつまずいた経験からくることが多い
です。
それに対して、我々講師は皆、‘英語は得意’です。
この大きな立場の違いは、大きな‘常識’のギャップを生みます。
そして、このギャップを埋めるのは、初心者を指導する講師の大事な仕事なのです。

思いもかけない、生徒さんの間違い、つまずきに出会ったら、
自分自身が思い込みで教えてしまっている部分はないか、
見直してみることが大事になってくると思います。


about me: ユキコ先生
指導歴15年の英語講師。英会話ビギン マンツーマン英会話レッスン講師他、フリーランス英会話講師として活躍中。中堅英会話スクールを中心に自営の教室を開いた経験もある。TOEICや文法のレッスンに定評がある。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

英会話講師の求人情報メルマガに登録するとレッスン動画がもらえるキャンペーン情報
配信は平日7:00ころ
いつでもワンクリックで解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……