英会話講師として採用される人材とは(ヒューマンスキル) 

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

講師という仕事は、「人に教える」仕事です。
社会人として最低限の常識、ビジネスマナーがあることは大前提ですが、「講師」「先生」としてさらに上の人間性を求められる、といっても過言ではないでしょう。

社会人としての最低限のマナー

まず、社会人として

■仕事への責任感があり、誠実であること
■時間に正確であり、健康で体調管理ができていること
■コミュニケーション力があること

は最低限求められる人間性です。

そのうえに、講師として求められる人格として下記のようなことがあげられます。

講師として求められるヒューマンスキル

■生徒の個性を尊重し、また個性に応じた対応ができること
■生徒の変化に気づき、適切なタイミングでフォロー、アドバイスができること
■生徒を盛り上げ、前向きな気持ちになれる明るい雰囲気作りができること
■エンターテイナーになりきる演技力があること
■論理的なアプローチができること
■引っ張るところは引っ張れる、というリーダーシップをとれること
■柔軟性・適応力があること
■生徒の答えを待つ忍耐力があり、よきリスナーであること
■なぜ英会話を教えたいか、という明確な信念を持っていること
■常に良い方法を求め、新しいメソッドを研究し続ける学習意欲があること
■自らの英語力を高める意識を常に持ち続けていること
■周囲に感謝の念を持ち、前向きな姿勢であること

これ以外にもスクールによって採用基準は多少異なりますが、
大前提となる「講師として求められる人格」については上記のような点があげられます。

採用される人材 まとめ

まとめとして、講師として採用される人材とは、

「前向きな姿勢で」「柔軟性があって」「向上心があること」という点とともに
「エンターテイナーである」「リーダーシップがとれる」「アドバイザーになれる」

という点が求められます。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……