採用に必要な英語力はどれくらいか

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

採用基準の目安として多くのスクールがあげているのがこの基準

■英検準1級以上
■TOEIC850点以上

しかし資格の数値はあくまで目安程度のもの。
実際は「それに準ずる英語力」と書かれていることが多く
資格をもっていなくてもそれ相当の英語力があれば採用は可能です。

資格よりも重視されるのが「実践力」

■日常英会話レベルは必須
■ビジネスレベルで交渉ができる程度
■日本語的アクセントがない

など、これらの英語実践力は、筆記試験や口頭試験で厳しくチェックされます。

発音をどれくらい重視するかについてはスクールにより異なります。
ただし、日本語的アクセントがひどい場合、生徒からの信頼を得ることが難しいので、採用は厳しいと言えるでしょう。

発音については、日本人講師として自らが理論を学び、それを実践する必要があります。
ただし、それ以外の点で評価が高ければ、多少のアクセントについてはそれほど問題視されないことも多いのでは。

評価にプラスされるものとして英語圏への留学経験

留学を希望している生徒も多く、現地の生活経験者からのアドバイスは大変貴重だからです。

面接官が見るポイントは、あくまで
「生徒から信頼を得ることができる先生かどうか」
ということ。

資格の有無については、資格対策レッスンを受け持つ先生以外は最優先事項ではないと言えるでしょう。

学歴については特に不問、または記述がある場合でも「短大卒以上の学力と一般常識があること」という程度です。

また、自分が英語を話せるということは、先生になるには当たり前のこと。
それ以上に要求される英語力が

論理だって英語を教える力

たとえばこんな力です。

■初心者から中級者を対象に文法を教えることができる
■英語と日本語の違いを意識したわかりやすい説明ができる
■口・舌の動かし方などを交えた発音の説明・実践練習ができる
■効果的な勉強法のアドバイスができる

いかがでしょうか?
「自分が理解していること」と「人に教えられること」とは次元が違うことなのです。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……