英会話講師の勘違い

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

日本人英会話講師専門のマンツーマン英会話ビギンを運営し、
2000名以上の面接を行った経験から感じた、「英会話講師よくある3つの勘違い」をご紹介いたします。

勘違い(1)自分の英語力をキープするために英会話講師になる

面接の際に必ずお伺いする質問。

「なぜ、英会話講師に応募されたのですか?」

そして、この質問に対し、最も多い答えがこれ。

「自分の英語力をキープしたいからです。」

・・・なるほど、そうですか・・・・。
でも、生徒さんは講師の英語力アップのためにレッスンに来ているのでしょうか?
・・・違いますよね。

単純に考えればわかることなのですが、
それでも、「自分のために」英会話講師になりたいという考えの方が多くいるのです。

特に、1年~数年間、留学などで海外にいった経験がある方の中には、
自分の英語力を落としたくないから、またはさらに英語力をアップしたいから、
という理由で英会話講師になりたいという方がいます。

英会話講師をやっていると、結果として英語力は伸びます。
それは本当です。
レッスンは主に英語で行いますし、わかりやすく説明したり、
生徒さんからの質問に答えることで、知識もどんどんついてきます。

でも、果たしてそれがメインの目的でこの仕事はやっていけるのでしょうか?

・・・それは、NOだと思います。

なぜなら、人気英会話講師の方々は皆、
「先生より生徒さんのほうが英語を話している」からです。

先生と生徒さんはどれくらいの割合で話しているのか?
人気英会話講師の方々のレッスンを見ていると、
先生が話す割合は3割くらいで、あと7割は生徒さんが話しています。

生徒さん:7割
先生:3割

それくらいでなければ「英語を話せるようになりたい!」と思って
来ている生徒さんに満足いただくことは難しいでしょう。
先生の英語力をあげたいから、と言って
先生が一方的に英語で話すようなレッスンは決して、良いレッスンとはいえません。

生徒さんが「今日もたくさん話せたな~」という実感をもてるような
工夫や努力を惜しみなくできる先生に生徒さんは英語を習いたいはずです。
ですから、「自分の英語力をキープするため」という理由だけでは
英会話講師の仕事は決して務まらないのです。

勘違い(2)自分が積み重ねた知識・経験を人に伝えたい

面接では必ず「デモレッスン」を行っていただきます。
「デモレッスン」とは、テーマを設けて、先生に自由にレッスンをしていただくミニレッスンのことです。

この短い時間でも、先生の性格や考え方がはっきりとあらわれます。
そして、先生のタイプが大きく分かれます。

その中で、「ちょっと英会話講師としての登録は難しいな」と思ってしまう先生方がいます。

それは、先生からの一方的な講義が中心になってしまう方。
いわゆる、「英会話を教える」が「知識を教える」にすりかわってしまう方です。

1つのことを教えるにも、あとからあとからと豆知識のような細かい知識が飛び出してきます。
生徒さんは、「ほう、なるほど~」とおっしゃってくれるかもしれませんが、
実はほとんど、そういった知識は頭に残っていません。
心の中では、「そんなことは今は必要ないから、もっと話す練習をしたいのにな」と
思っているかもしれません。

傾向としては、日本で文法などを中心に一生懸命勉強してきた方、
性別で言うと、男性の先生に多いかもしれません。

もちろん知識や経験があることは重要。

しかし、生徒さんは、そういった知識・講義中心のレッスンにどんなイメージを持っているでしょう?
おそらく、その多くは「マイナスイメージ」です。
なぜなら、そこから学校の英語の授業のイメージを彷彿してしまうから。

ああ、またか・・・・。
また、「話せない英語」なのか・・・・。

こんなふうに思ってしまいます。
一度、そういうイメージがついてしまうと、日本人英会話講師へのイメージがまた悪いほう悪いほうへといってしまいます。

ですから、「先生の講義中心」タイプの方は面接の時点でどうしてもお断りするしかないのです。

「生徒さんは何で英会話レッスンに来るのか?」

それは、「英語を話せるようになりたい!」からですよね。

難しいことを理解したり、豆知識を知るよりも、
簡単なことだけでたくさん話せるんだ、私にもできるんだ、という実感が欲しいのです。

人気英会話講師の方々は、知識を与える、というよりは
生徒がすでに知っている知識を引き出し、
少ない知識でたくさん話せるように誘導するのが上手です。

英会話講師とは・・・・「教えるよりも生徒の力を引き出す仕事」。

知識を一方的に伝えたいのならば、塾講師や家庭教師などが最適な仕事かもしれません。

勘違い(3)英語が話せるから、とりあえず英会話講師

「英語力をいかせる仕事を探していたところ、 たまたま英会話講師の仕事を見つけました。」

英会話講師の志望動機としてこのようにおっしゃる方もいます。

海外に長く住んでいて英語は母国語と同じように話せる、という方に多いです。

もちろん、英語力があることは素晴らしいことです。
しかし、あえて「日本人英会話講師」という立場から話すとすると、

「英語をネイティブのように話せる」

というだけでは、英会話講師としての適正は満たしていません。
ただ英語が話せるだけならネイティブ講師とのレッスンを受ければいいですよね?

生徒さんは、ネイティブ講師、という選択もある中で
あえて「日本人講師」を選んでくるのです。

そこには、理由があります。

生徒さんがあえて日本人講師を選ぶ理由は・・・・

「過去に英語に対してネガティブ経験があるから」。

たとえば、以前、ネイティブ講師の英会話スクールにいったけど
思うように話せなかった、上達しなかった。
学校の英語の授業についていけなかった。
なんとなく英語がキライ、苦手。
文法からしっかり理解したい。わかりやすく教えてほしい。

そういったネガティブ経験がある生徒さんに対して、
日本人英会話講師がまずしなければならないこと。

それは、「苦手意識を克服してあげるようなメンタルケア」です。

まずは、英語は楽しいものだと気づいていただくために、
テキスト以外にも、生徒にあわせたマテリアル、教材を準備します。

1回のレッスンで、レッスン時間と同じくらいの準備の時間を費やしている先生もいます。

だから、英語が話せればよい講師になれる、ということではなくて、
生徒さんの気持ちを考えたレッスンができるかどうか、
英語が話せない人の気持ちになれるかどうか?
そこが重要なところです。

「私は英語が知らないうちに話せたし、話せない人の気持ちはわからない」
というスタンスの場合は、ネイティブ講師として活躍されたほうがいいかもしれません。

生徒さんが「日本人講師に求めるもの」と
「ネイティブ講師に求めるもの」は違いますから。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……