気分はYoutuber先生!子どもオンライン英会話レッスンを100倍楽しくする方法

子どもオンライン英会話レッスンを100倍楽しくする方法

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

配信は平日7:00ころ
いつでもワンクリックで解除できます

このコロナ禍で、幼児~子ども英会話レッスンをオンラインに切り替えた先生も多いはず。でも子供の集中力は、大人と違って長くは続かないもの。どうしたら元気いっぱいの子供たちを画面の反対側から惹きつけられるでしょうか。

オンラインレッスンで子供を引きつけるための6つのアイディアをご紹介します。

パペットを使ってYoutuber先生になりきろう!

今の子供たちのなりたり職業ナンバーワン、Youtuberのようになりきって、画面上の子供たちを英語のエンターテインメントの世界に引き込みましょう。

例えば、パペットやぬいぐるみを使って画面上から英語で話しかければ、子供たちは大喜び。まるでYoutubeをライブで見ているような気分にさせます。画面を通したほうが、ぬいぐるみが主役になるので、このレッスンはオンラインならでは。

先生の存在よりも、ぬいぐるみとおしゃべりすることで、子供たちがリラックスして英語を話せるという効果も期待できます。ぬいぐるみで英語を話す時は、わざと声のトーンを変えてみてくださいね。子ども達がより一層エンターテインメントの世界に引き込まれますよ。

お絵描きクイズ!

英語でお題を出して、子供たちにお絵描きをしてもらいましょう。例えば男の子だったら、” cars”や女の子だったら”princess”など、興味のありそうなお題にすると、画面の向こうで熱心に描き始めます。

「これではお絵描き教室では?」と思うかもしれませんが、子供達との楽しい関係を築くのにはもってこい。Youtuber先生になりきって、どんどん英語でお題を出してみましょう。

最後に”What’s this?” “Good job!” など声をかけてあげることで、立派な英語のコミュニケーションがとれます。お互いにお題の絵を描き合って、見せっこするのも楽しいです。好きなアニメのキャラクターをどちらが上手く描けるか競争するのも良いですね。

競争となると、乗り気でない子どもも一気にヒートアップしますよ。何度も先生が勝ってしまわないよう、わざと負けてあげてくださいね。

音楽系Youtubeもアリ

お絵描きとはちょっと違いますが、楽器を演奏できるお子さんが相手なら、”Can you play the piano?” と言って、短い曲を弾いてもらうのもアリ。”聞いててね!!”とうれしそうに画面の向こう側で演奏してくれます。これも生徒さんが自宅にいればこそ、できるオンラインレッスンです。

演奏後は英語でたくさん褒めてあげましょう!自分の得意なことを披露する機会をどんどん与えてあげるといいですね。相乗効果で英語にいい印象も持つことにより、英語がもっと好きになることでしょう。

Bring somethingゲーム!

子どもが大好きなオンラインレッスンがこれ!自分のおうちにある物を持ってきてもらうゲームです。運動会の借り物競争のオンラインレッスンバージョンといえます。

例えば、”Bring something blue in your bed room.” というお題を出して、実際子供たちの自分の部屋に行ってもらって、持ってきてもらいます。ぬいぐるみを持ってきたり、まくらを持ってきたり大はしゃぎ!持ってきたら、英語でたくさん質問するといいですね。

例えば、お気に入りのぬいぐるみだったら、”What’s his name?” なんて聞くと会話が盛り上がりますよ。大人気Youtuberヒカキンさんみたいに、子どもは自分の家の物を紹介するのが大好きです。どんどん持ってきてもらって英語で紹介してもらいましょう。持ってきてもらう時も、簡単で単純なものであるように心がけてくださいね。

なかなか戻って来ないこともあるので、時々画面越しに”Are you OK?” などと声掛けしてあげてください。きっと、夢中になって探しているはずです。もう少し時間がかかる時は、”Just a moment”って言ってね、など言い方も教えてあげましょう。

ただしこのゲームで注意したいのは、”Don’t bring anything from the kitchen!” と必ず約束することだけは忘れずに。台所に刃物など危険な物がいっぱいですから。小さいお子さんの場合は、部屋を移動していいか近くにいる親御さんの事前に許可をもらうことも大事です。

Simon saysゲーム!

英語がかなり話せる児童生徒さんとは、Simon saysゲームをやりましょう。Simon saysゲームとは、お互いに指示を出し合いそれに従うゲームです。ただしそれは、冒頭に” Simon says”と言わなければ従ってはだめ。

例えば、”Simon says stand up!” と指示を出せば、立ちます。しかしただ”Stand up!” と言っただけでは、立ってはいけないんです。これがSimon saysのルール。シンプルですよね? 

”Simon says close your eyes. ” と指示を出して目をつぶらせた後に、すぐ “Open your eyes.”というと、目を開けたくなるもの。でもこれは、”Simon says“を言っていないので、これで目を開けたら負け!ごく簡単な指示でいいので、それをお互いに出し合います。特に、先生が引っかかるのが子供たちは大好きです!時間を忘れるほど盛り上がります!ぜひ、わざと引っかかってオーバーリアクションをしてあげてくださいね。

勉強系Youtuber?!

芸人の小島よしおさんなど多くの芸能人などもやっている今流行りの勉強系Youtuberになりきる手もあります。小学生以上の子供たちに、たまには英語で算数を教えてみてはいかがですか?

英語で他教科を教えるのは、英国ではCLIL(クリル)、カナダではimmersion program(イマージョンプログラム)として誕生した、れっきとした英語教育法。

1+2=?と書いた紙を見せながら、”one plus two is?” と質問してみましょう。算数を英語で勉強するなんて新鮮!と目をキラキラをさせてくれます。いつもの勉強が、急に特別なものに感じるようになります。実際、私の教える生徒さんも英語で算数を教えてあげた途端に算数の成績が上がった!なんてこともありました。

まるでその生徒さんにとっては、英語が魔法の言葉だったのかもしれませんね。算数は、図形やかけ算、分数など英語でも教えられることはいっぱいあります。数字や図形は世界共通です。英語も算数もできて一石二鳥なので、近くで見ている親御さんの満足度も高くなることでしょう。

ただし、算数の重さや距離などの単位は、日本と英語圏では違うので注意してください。英語がかなり話せる生徒さんには、各国との単位の違いを教えてあげるのも良いでしょう。

以上、子供向けオンラインレッスンで子供が喜ぶちょっとしたアイディアやゲームをご紹介しました。

コロナ禍で急にオンラインレッスンに切り替わって、どうしたらいいかわかないときは、自分が人気Youtuberになりきったつもりで教えれば、Youtubeが大好きな子供たちは、きっと目をキラキラさせてレッスンに夢中になってくれますよ! 試してみてください。

処理待機中のローディング画像

処理中です……