レアリア(生の教材)を使う

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話ビギンに登録いただいている人気講師、I 先生からいただいたレッスンアイディアをご紹介します。

I 先生は、テキストだけではなく生徒さんの興味にあわせてレアリア(生の教材)を効果的に使っているそう。

●たとえば「マックのクーポン」。

→お金や数字の言い方
→注文の練習
→何が好きですか
→何が食べたいですか
→好きなもの、好きでないものの表現

こんな様々なレッスンで登場するそうです。
おなかがすいてくるとおっしゃる生徒さんもいるとか(*^。^*)

●たとえば「女性用のファッション雑誌からの切り抜き」。

雑誌は英語の勉強には「最高の教材」とのこと。
主に写真の部分を使うそうです。
→数の練習(いくつありますか)
→洋服の色
→何を持っていますか、とかの描写
など色々な場面に使えます。
雑誌の写真切り抜きは、辞書には絶対にない面白い表現の宝庫だとか。
私も、昔 英会話レッスンを受けていたとき、写真の女性や男性をDescribe(描写)してください、という課題がよく出されました。

テキストではないので英文に正解・不正解はありません。
よりその人らしい英文ができる、という生徒さんの自信にもつながりますね。
雑誌の文章は生徒さんにはちょっと難しくて使えず、写真のみになります。

でも、「頑張ってこういうものも読めるように勉強しましょうね」というモチベーションになるそうです。
書店で雑誌を買うと金額はちょっと高いですが、洋書の古本屋さんなどで入手すると200円くらいで買えます。

(たとえば恵比寿にある 洋書専門の古本屋 Good Day Booksや大き目のブックオフなど)

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……