英語ができないと悩む学習者 ~英語力以外の問題点 

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話を学びたい生徒さんたちは「自分は英語ができない」という
固定観念を持ってしまいがち。

そのことについて、英会話ビギンに登録しているYoichi先生から
ご意見をいただきましたのでご紹介いたします。    

————————————————————–

そもそも学校での勉強で英語がしゃべれるようになるのか?
と考えてみるのもいいかもしれないですね。

例外的にしゃべれるようになる人はいるでしょうが、日本人のほとんどはそうはならない。日本で英語教育が始まって以来ずーっとこの状態です。

そもそも日本の英語教育はそんなことを目標にはしてないし、
カリキュラムもそのようになっていない。
ですから、英語をしゃべれるようになるという意味では
学校の勉強は適していないと言ったほうがいい。

でもみんなそうは思ってない。
自分の勉強が足りなかったと思っている。

それから英語がしゃべれるようにならない原因にもう一つ大事なことがあると思いませんか?

それは
「英語で伝えたいことを持っているのか」
ということ。

言いたいことがなければ英語を使えない。
役に立たない学校の英語といってもいくらか覚えていれば実はしゃべることはできるはず。
(上手い下手は別問題として)

でも口から出てこない、あるいはそれ以上にしゃべれるようになってこないのは
「何を言えばいいのかわからないから」。
日本人には結構多いかもしれません。

これは言葉以前の問題ですが、英会話、
つまりコミュニケーションするという意味では大事な点です。

ということで日本人の多くはあまり役に立たない学校の勉強をトラウマにし、
さらに言いたいことがよくわからないという二重苦の中で
悩んでいるという気がしています。

この凝りに凝ったカチカチの肩(頭?)を揉みほぐしてあげるのがいいと思います。
そのために一端学校でやってきたことは全部忘れてみる、というのも手だと思います。
本を読むのはとてもいいと思います。
学校ではやらない、というのもありますが英語に慣れるという意味で非常にいいですね。

————————————————————–

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……