リスニング力をつけるトレーニング法とは? 

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

「英語がなかなか聞き取れません。どうしたらいいでしょうか?」

こういった質問を生徒さんからされたとき、どう答えますか?
リスニングは読み書きに比べ、日本人学習者にとって、とても苦手な部分です。

生徒さんにアドバイスをするときに、まず見極めなければいけないことがあります。
それは、「その生徒さんに足りていないスキルは何か」ということ。
リスニングができないからといってリスニングの練習だけをがむしゃらに行うことは得策とは言えません。

具体的なリスニングのトレーニングを行う前に、「なぜ、リスニングができないのか?」を考えるのです。

たとえば・・・・

—————————————————–
知らない単語は聞き取れない
→単語力がないのではないか
→単語力をつけることが先決。

理解するスピードがそもそも遅い
→返り読みや日本語訳で英語を理解していないか
→速読のトレーニングが必要。

英語独特の音に精通していない
→カタカナ英語に置き換えていないかどうか
→発音トレーニングが必須。

—————————————————–

リスニングができないのはなぜか、という原因を探り、そこを強化するトレーニングを先に行うことで結果的にリスニング力が飛躍的に向上した、という事例があります。
その事例の一つが「発音トレーニング」を行うこと。

発音トレーニングがなぜリスニング力のアップになるのか?
特に大人の学習者は、すでに日本語脳が確立しているため、英語の音を知らないと、日本語以外の音は「知らない音」として認識され、音として聞き取ることはできません。

また、さらに悪いことに、英語の音をカタカナ英語に置き換えて理解してしまうために、理解にワンクッションが入るので、スピードが遅くなります。

英語の音を理解し、それを言えるようになってしまえば、必然的にその音が素早く聞き取れるようになるのです。

「言える音は聞き取れる」

さらに

「言えるスピードは聞き取れる」

これが、発音トレーニングの最大の効果です。

「リスニング力をつけたい」という生徒さんに対し、「発音トレーニング」を実施することは遠回りのように見えて、実はとても近道な学習法です。
これまで、発音トレーニングをレッスンに導入されていない方は是非、導入を前向きに考えられると良いと思います。リスニング力に悩む生徒さんには効果絶大です。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……