レッスンアイディア:わかりやすく関係代名詞を導入する方法

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話ビギンの先生の事例から、
関係代名詞の導入レッスンアイディアをご紹介します。

【対象の生徒さん】

◆レベル=初心者

◆目的=旅行英会話


【導入パート】

次のような画像を準備します。

◆シチュエーション設定は

◇女友達と大型ショッピングセンターへ
 買い物に行ったところ
 女友達とはぐれてしまった

 
◆人物設定は

◇わたし(=生徒さん)
 サービスカウンターのお姉さん(=先生)

◆使用する関係代名詞は

◇who

◆ダイアローグ例

Excuse me.
I’m looking for a female friend who is wearing…..

【応用(1)】

次のような画像を準備します。

◆シチュエーション設定は

◇リビングフロアーでソファーを買いたい
 

◆人物設定は

◇わたし(=生徒さん)
 店員(=先生)

◆使用する関係代名詞は

◇which

◆ダイアローグ例

Excuse me.
I’m looking for a sofa which is (has)…..

【応用②】

次のような画像を準備します。

◆シチュエーション設定は

◇リビングフロアーでテーブルを買いたい

◆人物設定は

◇わたし(=生徒さん)
 店員(=先生)

◆使用する関係代名詞は

◇which

◆ダイアローグ例

Excuse me.
I’m looking for a table which is (has) …..

————————————————

whoとwhichの関係代名詞を使ったレッスンを行うのは
非常に難しいことです。
そこをいかに簡単に伝えるかがカギとなります。

雑誌の切り抜き(レアリア=生の教材)を使い、
臨場感を持たせています。

実際の場面をイメージできる、というのは
ダイアローグ練習で大事なポイントです。

また、複雑な説明をしなくても
同じパターンの文型を用意し
繰り返し練習をすることで
体で覚えてもらえる構成になっていますね。

生徒さんのニーズ・興味にあわせて
シチュエーションは変わってくるでしょう。

「どんな場面で使えるかな?」

と想像力を膨らませてダイアローグを考えたり
教材を作ったりするのも
講師の醍醐味の一つですよね。

ご意見お待ちしています。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……