褒める、ということ  

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

生徒さんを褒める」ということについて、 意識していることはありますか?
「褒める」ということはとても重要です。

先日、M先生より、褒め言葉のリストをいただきました。

—————————————————–
Great!
Good!
Perfect!
All right!
Wonderful!
(You did a ) Great job!
Nice job!
Amazing job!
Great works!
That’s it!(その調子!)
Great job,
I know you got it!
You can do it!

—————————————————–
このリストはビギン登録講師、M先生のある一言がきっかけでうまれました。

M先生:「Billy’s Boot Campとかそういうエクササイズ系のDVDって
実は褒め言葉、やる気を出す言葉のオンパレードですよね」

加藤:「是非、そのリストの一覧ください!」

・・・ということで、M先生がDVDから引っ張ってきてくださったのでした・・・。

M先生、ご協力ありがとうございました♪

そして、M先生から、「褒めるときのアドバイス」をいただきました。

「同じボキャブラリーを連続で繰り返すよりも、適宜織り交ぜて行くと、  
単調に聞こえず良いようです♪  
又、サラッと、言うよりも伸ばして発音、
例えばGreat!なら、グ~レイッ!といったようにすると感情が
こもってより気持ちが伝わるかと思います。」

ということです。 参考にしてみてくださいね!

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……