英会話講師アイディア:学習の「見える化」ツール

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話ビギンの生徒、Kさん。
会社の留学制度に応募、社内テストに合格し、海外に飛び立ちます。
見事、目標を達成したKさんに
英語学習法のインタビューをいたしました。

レッスンをはじめてすぐにTOEIC730点クリアしました!(K様)

インタビューの中には
教える側としてたくさんのヒントがあります。
Kさんを担当くださったのは、
横浜エリアのYoshi先生です。

インタビューの中でKさんが繰り返しおっしゃっていたこと。
それは、Yoshi先生が導入されている「学習記録」について。

この「学習記録」の意義は大きく3つあると思います。

(1)学習の「見える化」

何をどれだけやったか。
数字で残しておくと、振り返りやすく
今後の計画を立てやすくなります。
また数字として残るので励みになります。

(2)レッスン以外の勉強奨励

Kさんもインタビューでおっしゃっていましたが、
先生と会えるのは週にたった1回。
それ以外の時間のモチベーションを支えるのに、
この「学習記録」がとても役立ったというのです。

(3)先生との信頼関係強化

生徒さんと一緒になって取り組むことができるので
お互いの信頼が強まります。

Yoshi先生が「見える化」として導入されているのは、
「学習記録」と「できることリスト」。
生徒様の勉強の目的やペースによって
使い分けていらっしゃるそうです。

モチベーションの維持を課題とされている先生は
是非導入されてみてください。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……