大人向けの単語ゲームはありますか?

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話ビギン人気講師のユキコ先生、福田先生、Naomi先生に
皆さんのティーチングの疑問を解決いただくこのコーナー。

今日は大人向けの単語ゲームについてのご質問をいただきました。

「大人向けの単語ゲームを教えて頂きたくお願いします。
英検講座で、毎回50単語を覚えて頂いてテストをしていますが、
なかなか覚えられなくてだんだんとつらくなっている感じがします。 
単語ゲームで楽しく覚えて頂くようにしたいのですが、
何か良いゲームはありますか?」

先生たちの考えはこちら

英会話ビギン 英会話講師のユキコです。

単語ゲームを、ということですが、マッチングゲームなどは如何でしょうか?

講座の生徒さんを二つのグループに分け、一つのグループが単語カード、
もう一つのグループの生徒さんが、その単語の意味を日本語で書いたカード、もしくは
英語で定義が書かれたカードを持ち、

A: I have the word XXXXX. Do you think you have the definition?

という風に、単語カードを持っている人が、聞いて回り、
(同時にdefinitionカードを持っている人も該当の単語カードを持っている人を探して回る)
すべての単語と意味がマッチングできるまでグループワークをする、というものです。

日本語の意味を書くか、英語で定義を書くかは、
生徒さんのレベル、と単語のレベルによると思います。
単語の難易度抽象度が高い場合と生徒さんのレベルが低い場合には、
日本語の意味を使うのが良いと思います。

ゲーム後は、必ず該当の単語の穴埋め問題をやると、効果が倍増でしょう。
単語は何と言っても、文脈が大切なので。
試してみてください。


about me: ユキコ先生
指導歴15年の英語講師。英会話ビギン マンツーマン英会話レッスン講師他、フリーランス英会話講師として活躍中。中堅英会話スクールを中心に自営の教室を開いた経験もある。TOEICや文法のレッスンに定評がある。

英会話ビギン 英会話講師のNaomiです。

毎回50単語はスゴいですね!
生徒さんのレベルはわかりませんが、確かにだんだんお辛くなっちゃうかもしれませんね。

私もユキコ先生と同様、プライベートレッスンにしてもグループレッスンにしても、
単語と意味のマッチングがやはり良いのではないかと思います。

英単語カード50枚、意味(日本語あるいは英語)カード50枚を用意します。

(1)まず、英語カード50枚をテーブルに並べ、
シャッフルした意味カードを知っている単語だけマッチしてもらいます。

(2)知らない単語は、講師がヒントをだすか(深みにはまるようなら、ヒントはやめましょう)
答えを教えてあげて、50ペアにします。

(3)生徒さんに英単語の正しい発音をリピートしてもらいます。

(4)講師が英単語を発音し、生徒さんが意味を発音します(日本語でも)。これを50単語行います。

(5)次に役割を変え、生徒さんが英単語を発音し、講師が意味を言います。

(6)ここで、英単語50枚を撤収します。隠してしまいます。

(7)講師が意味を言い、生徒さんにはカードを見ずに英単語を言ってもらいます。

(8)仕上げ 合計100枚のカードをフェイスダウンにして並べ、
1枚引いたらそのペアの単語を言います。
(英単語を引いたら意味を言う。意味を引いたら英単語を言う)

★プライベートレッスンの場合は、必然的に【講師VS生徒さん】になりますが、
グループレッスンの場合は【講師VS全生徒さん】あるいは【生徒さんVS生徒さん】も可ですね。

目で見て覚える+発音して覚える、効果的だと思いますが、いかがでしょうか?

それと、私もユキコ先生に賛成で、単語は文脈が大切なので、
文章でのフォローが必要になると思います。
文章で覚えたほうが、実際の会話で使えるんですよね~。
テストなどで、書いて覚えるというのも良いですね。


about me: Naomi先生
大手英会話スクール、中堅英会話スクール、プライベート、小学校での指導を含め
計21年の英会話講師経験がある。
現在、マンツーマン英会話ビギンにて、ゲームやアクティビティを使った楽しくわかりやすいレッスンが好評。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……