3つの「受け手上手」を目指すアプローチ

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

精鋭ぞろいの英会話ビギンの先生の中でも、
生徒様からの信頼・満足の声を多く寄せられる先生を
「ビギンオススメPick Up講師」としてご紹介しています。

今回は、東武東上線エリアを担当しております
古田島先生にお話をお伺いしました。

会話の「受け手」から入るというアプローチ

英会話というと、まず「話す」ほうに焦点をおきがちですが、
古田島先生は、いきなりネイティブのような「話し上手」を目指すより
まず「受け手=聞き上手」になることを目指すアプローチをされています。

具体的には、

(1)あいづち=聞き上手
(2)質問=質問上手
(3)最後のあいさつ=お別れ上手

この3つの「上手」をマスターすることからはじめ、
その次に、自分の感情、意見とその理由を伝えるエクササイズに入っていきます。

このアプローチをとっている理由は、
古田島先生の過去の苦い経験が関係しているとのこと。
その理由とアプローチ、レッスン風景のビデオについて
こちらのページからご覧いただけます。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……