発音指導の4ステップ

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

こんにちは。
英会話ビギン 英会話講師のNaomiです。

きれいな発音で英語を話したい。

とおっしゃる生徒さんは少なくありません。
Janglish という言葉を聞いたことがあります。
一般的な日本人が話す英語が
Japanese+English=Janglish らしいです。
日本語のアクセントが強い、ということなのでしょうかね。

では、この Janglish から脱出するためにはどうすればよいのでしょうか?

全ての発音をネイティブのようにするのには時間がかかりますし、
いくら練習しても出来ない場合もあります。

そこで、とりあえず日本人が苦手な発音、
または日本語にはない英語の発音からマスターしてもらうようにします。

例えば[r]と[l]の違いです。

日本語のラリルレロはra,ri,ru,re,ro ともla,li,lu,le,lo とも違います。
有名な例えですが、カタカナでライスと表記すると英語の
rice か lice なのかわかりませんよね。
これら2つの単語の意味は全く違いますから注意しなければなりません。

習得方法にはいろいろあると思いますが、
以下のような練習はとても有効です。

(1)まず、講師が正しい発音をして生徒さんにも発音してもらう。

この時、ある程度できていれば、あまりくどくど説明せず少しだけ
直して実践してもらう。

(2)上手にできない生徒さんには、
わかりやすいように日本語で音の出し方を説明する。

[r]は舌を丸める、巻き舌の感じで。と言っても
実際にカメレオンのように舌を巻ける人はいないので、
舌の付け根に力を入れて舌の先端を思い切り持ち上げるように・・・

[l]は舌の先を上の歯と歯茎の境目にあてて・・・
など、講師が実際にやっているように説明する。

(3)[f]や[v]など目で見てすぐにわかるものは、
鏡を持参してもらい一緒に見ながら発音する。

(4)正しい発音ができるようになったら、チャートを作って練習する。

rice—-lice
right—light
crime—clime

など、[r]と[l]を対比しながら違いを明確にさせて練習、
あるいはゲーム形式にして楽しみながらしてみると、意外に盛り上がります。

 
日本人が苦手とする発音は、
r、l、f、v、th、s、sh、aとeの中間の音などたくさんありますが
最初はあまり欲張らず、これらがきれいに発音できればカッコ良く聞こえるはずです。
生徒さんには「ネイティブのように完璧にするのではなく、
以前の発音より英語っぽくする」という目標を持っていただくのが
良いかもしれませんね。


about me: Naomi先生
大手英会話スクール、中堅英会話スクール、プライベート、小学校での指導を含め
計21年の英会話講師経験がある。
現在、マンツーマン英会話ビギンにて、ゲームやアクティビティを使った楽しくわかりやすいレッスンが好評。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……