間違えの直し方~ポイントは”気づき”

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

こんにちは。
英会話ビギン 英会話講師のユキコです。

【良い師は、
弟子に自分自身と
向い合せることができる】

と、評論家の小林秀雄が言ったのだそうです。

さて、この教えを英会話講師にあてはめると、
どうなるでしょうか?
【生徒に自分で自分の間違いに気づかせ、直させる】
ということになるかもしれません。

たとえば、生徒が

I go to shopping.
I went to there.
I like to listen music.

のような文を言ったとき、

「場所の前にtoは入りますが、
アクティヴィティであるshoppingの前にはtoは入りません。」

「具体的な場所の前にはtoは入りますが、
thereの前にはtoは入らないのです。」

「listenの前には必ずtoが入ります。」

などと、
こちらから即座に間違いをなおすことが
よくあるのではないか、と思います。

もちろん、クリアな説明を
タイミングよくすることも大事ですが、
同じ間違いを繰り返す時や
生徒さんのレベル的に余裕がある、と思われるときには、
自分に気付かせるようにもっていくことが肝要です。

では、どのように導くか。
具体的な例をいくつかあげましょう。

1.生徒さんの間違いをリピートする。
(真剣な顔をしてリピートすると嫌味になるので、
笑顔で冗談まじり、という感じで)

2.(これも何気なく笑顔で)生徒さんの発言を正しい英語でリフレーズする。

3. …listen ___ music と紙などに書いたり、単語ごとに指を折り曲げ、1語足りないことに気付かせる。

などです。

1番ように、【生徒さんのセリフをリピートする】だけで、
驚くほど多くの生徒さんが
自分で自分の間違いに気がつきます。
結局、自分で間違いを直せなければ意味がないのですから、
重要なことだと思います。

勿論、説明しちゃった方が能率が良い、
というケースも多々あるかと思うので、
その場その場の判断が重要ですね。
ただ、常に生徒に自分で気づかせよう、
という意識は持ってるだけで違うと思います。


about me: ユキコ先生
指導歴15年の英語講師。英会話ビギン マンツーマン英会話レッスン講師他、フリーランス英会話講師として活躍中。中堅英会話スクールを中心に自営の教室を開いた経験もある。TOEICや文法のレッスンに定評がある。

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……