講師としての適正(レッスンの行い方)

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 英会話講師ニュース http://www.eikaiwakoushi.com/  ■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ INDEX  ■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1) 英会話講師コラム:講師としての適正(レッスンの行い方)
(2) レッスンに使えるサイト:ESL Board Games
(3) 英会話講師のためのワークショップ情報
(4) 求人情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 英会話講師コラム:講師としての適正(レッスンの行い方)
————————————————————

第1回目の前回は「講師としての適正(ヒューマンスキル)」について
見てみました。今回は多くの面接で実施される「デモレッスン」のテスト
で気をつけるべきポイントを中心にお話したいと思います。

さて、英会話を教えた経験については、過去の講師経験を優遇するスクー
ルと、あまり考慮しないスクールとに分かれますが、ここでは「講師経験
を優遇する場合」を前提にお話いたします。

募集要項に「経験者優遇」と書いてある場合、ほとんどのスクールでは
面接時に「デモレッスン」を行います。その際、下記のようなことを
チェックしてみましょう。

(1)レッスン全体の流れは適切か
(2)課題の提示・説明方法は適切か
(3)練習方法は適切か
(4)褒め方、間違いの直し方は適切か
(5)板書の仕方、メモの取り方は適切か
(6)目線の配り方、声の大きさは適切か
(7)講師の雰囲気作り、演技力、ジェスチャーはあるか

それでは順をおってご説明いたします。

(1)レッスン全体の流れは適切か

一般的なレッスンの流れはこのようになります。

●ウォームアップ→生徒を英語モードに引き入れるためのスモールトークです
●イントロダクション→本日の課題・テーマを意識したスモールトークです
●ターゲット→本日の課題についてわかりやすく説明します(英語・または日本語)
●プラクティス→本日の課題をリピートにより定着させます
(必要があれば単語の導入も行います)
●応用→実際に使われる場面を想定しロールプレイや反復練習を行います
●まとめ→質問があれば受け、本日の課題のまとめと宿題の話をします

デモレッスンは時間が短いので「イントロダクション」「ターゲット」
「プラクティス」のいずれかの部分のみを行うか、または各パートを
短くし全体を通して行う形となるでしょう。
いずれにしても、ターゲットを明確にすること、また反復練習で定着
させることが大事です。
 

(2)課題の提示・説明方法は適切か

デモレッスンでは対象となる生徒のレベルが提示されます。
初心者対象の場合、多くのことを一度に教えるのではなく
「ターゲットを絞って」教える必要があります。

たとえば不定詞の場合、「名詞的用法」「形容詞的用法」「副詞的用法」を
全て教えようとするのではなく、一番会話に使えて生徒が理解しやすいものを
優先して選ぶべきです。

中級者をターゲットとして指定される場合(そのような場合はほとんどない
と思いますが)まず全体を説明してから細部に入る、という方法も考えられます。

文法の説明は口頭だけでなく、イメージや図をすぐに書けるようにしておく
と良いでしょう。

初心者向け 文法書は書店にたくさん出ています。
イメージ・図を用いてわかりやすく説明しているものが多いので
それらを熟読し、人に教えるときにはどのように教えるのか、
常にイメージしておくと良いでしょう。

※イメージがのっているお薦め文法書:

総合英語Forest  http://tinyurl.com/4yfppq
英会話なんて中学英語。―かんたんじゃん!  http://tinyurl.com/3z3wgo

日本語と英語のバランスについては、そのスクールのメソッドにもよりますので
事前にチェックをしておきましょう。英語のみでレッスンを行っている場合、
デモレッスンも英語のみで行ったほうが良いかもしれません。

ただし一般的には、日本人講師の良さを生かし、日本語を使うべきところには
日本語を入れていく指導方法が望ましいと思います。
(生徒のレベルにもよりますので一概には言えませんが)

早い英語のみで説明をしても生徒には全く内容が響きません。
さらに自信を失うだけです。
自分の英語力を誇示するのではなく、あくまで「わかりやすさとは何か」
を常に追求するようにしましょう。

次回は、本日の続き「練習方法」「褒め方、間違いの直し方」などから
お話したいと思います。お楽しみに!
■ レッスンに使えるサイト
————————————————————
ESL Galaxy:Communicative ESL Board Games
http://www.esl-galaxy.com/board.htm

楽しい英会話レッスンを行うためには、大人の生徒であっても
時にボードゲームなど テキスト以外のマテリアルを使う
ことはとても大事です。

ちょっとした気分転換のエクササイズに使える
ボードゲームがたくさんあるのがこのサイト。

生徒さんも気負わずに楽しく取り組めると思いますよ!

■ 英会話講師のためのワークショップ情報
————————————————————
Certificate in Teaching Japanese Students

●日程 
東京:2008年6月1日(日)10時~17時30分
大阪:2008年6月8日(日)10時~17時30分
名古屋:2008年6月15日(日)10時~17時30分

●場所:
東京:東洋学園大学 1号館2F フェニックスホール
大阪:大阪 大阪南YMCA
名古屋:名古屋 中京大学 センタービル0602号室

●主催:OUP& David English House
●内容:日本の中学・高校・大学・成人向けに英語を教える先生向けのトレーニングコース。
●資格:Full Certificateをとるには2つのコースに出席の上、レポート提出。
Introductory Certificateをとるには1つのコースに出席の上レポート提出。
●2008年のコース内容
※Dr. Rob Waring(Associate Professor of English Notre Dame Seishin University)
Reading skills – methods and applications
※Alastair Graham-Marr(Associate Professor of English Tokai University)
Teaching skills for listening and speaking
※Grant Trew(ELT materials writer and testing consultant)
Teaching natural English – helping students use language appropriately
※David Paul(President of David English House)
Personal construct psychology and its implications in the Classroom

●参加費:ETJメンバー4500円、メンバー外5500円
●申し込み・詳細:http://www.oupjapan.co.jp/events/deh08s/index_jp.shtml
■ 求人情報
————————————————————
●希望勤務地、業務形態(正社員、パートなど)、
仕事内容(英会話、TOEIC、塾、マネジメントなど)

ご希望条件を入れて検索できます。

検索フォームはこちらから:http://www.eikaiwakoushi.com/
————————————————————
発行元:英会話講師の募集・採用・求人総合情報サイト~英会話講師.com 
URL:http://www.eikaiwakoushi.com/
英会話講師募集案内:http://www.85begin.com/teacher.htm
編集責任者:加藤いづみ
質問・ご意見はこちらまで:http://www.eikaiwakoushi.com/form/postmail.html

メール登録すると、新着の英会話講師や英語を教える仕事の求人情報をいち早く受信できます

新着求人メールは、いつでも解除できます

英会話講師の求人情報

処理待機中のローディング画像

処理中です……